Sense-Roid

自分自身を抱きしめたら一体どのような感情が生起するのか。

我々は誰かを抱きしめると信頼、安心、愛情といった情を抱く。しかしながら不運なことに、心理的にも物理的にも自分に最も近しい自分自身を抱きしめることは不可能である。

そこで我々は自分との抱擁を実現する触覚コミュニケーションデバイスSense-Roid(センスロイド)を開発した。

触覚提示ジャケットを装着した体験者がトルソ型センシングデバイスを抱擁することで、ジャケットにその触覚をフィードバックする。 これによって体験者はあたかも外側にいるもう一人の自分を抱擁し、またそれから抱擁されているような感覚を味わうことができる。

[プロジェクト詳細ページ]

Related Publication (Selected)

  • N. Takahashi, R. Okazaki, H. Okabe, H. Yoshikawa, K. Aou, S. Yamakawa, M. Yokoyama, H. Kajimoto, Sense-Roid: Emotional Haptic Communication with Yourself, Proceedings of Virtual Reality International Conference 2011 (VRIC2011), France.(2011/4/4-10).【Laval Virtual Award 2011 “Category: Architecture, Art & Culture”】

Exhibitions and Talks

  • SIGGRAPH2011 Birds of a Feather | ” Sense-Roid: Emotional Haptic Communication with Yourself,” 2011.8
  • DCEXPO2010(ConTEX) | ”Sense-Roid”, 2010.10
  • International collegiate Virtual Reality Contest 2010 | “Sense-Roid”, 2010.8 【GRAND PRIX】
Scroll to top